ホーム > シマヤ通信 > 読書3

読書3

プレゼントキャンペーンにお寄せいただきました「アンケート結果」をご紹介するコーナーです。
たくさんの皆さんから、貴重な情報をいただいています。


読書1
読書2
・読書3
     


読書3

◇子供の頃に読んで、心に残っている本がある方は、その本のタイトルと理由をおしえてください。


「天国はまだ遠く」
瀬尾まいこさんの 「天国はまだ遠く」自分だけが辛くってしんどいって思ってしまう時もあるけど、何気ないことで元気がでたり、励まされたりするもんだって 素直にそう思うことができました。読んでるうちに、とっても癒されました。

「スラムダンク」
影響を受けてバスケ部に入り、たくさんの貴重な体験をしました☆

「こころ」
夏目漱石の「こころ」大学受験の国語の勉強のために読みましたが、内容が素晴らしく感動しました。

「カモメのジョナサン」
将来に迷っている時、普遍を気にすることなく強い意志を抱いて生きて行くジョナサンに啓発されました。

「蒼穹の昴」
読書という習慣があまりなかったのですが、この本を読んでから中国の歴史にも関心が持て、本が人に与えてくれる様々な感情を知り活字を読むという習慣がついた一冊です。

「潜水服は蝶の夢を見る」
生きて自分で動けることの有難さを感じる。ある日突然身体がいきなり動かなくなる恐怖と、それでも思考は頭を自由に飛び回る・・。せいいっぱい毎日を過ごさねばと思った。。

「生きがいの創造」
仕事で行き詰ってる時に読んだ本で、今、自分が存在している意味、自分が持っている課題などについて考えさせられた本です。読んでからは、前向きに考えられるようになりました。

「塩狩峠」
北海道に行って塩狩峠を越える列車に乗りたいと、思います。多くの人を助けるために、自分が列車の歯止めになつた牧師さんだったと思いますが、人の為に少しでも奉仕出来る人間に成りたいと思い日々努力の毎日です。

「私があなたを選びました」
子育てでつまずいた時、辛かった時によくこの本を開きました。

「にんげんだもの」
人生までは変えなかったかもしれませんが相田みつおの人間だものかな!



○皆様からいただいた意見をご紹介するページですので、レシピの信憑性については確認しておりません。ご了承ください。
○なお記載のレシピをお試しになられた際に予期せぬトラブルや、事故が発生しましても弊社では責任をおいかねます。
このページの先頭へ