ホーム > シマヤ通信 > 鍋もの5

鍋もの5

プレゼントキャンペーンにお寄せいただきました「アンケート結果」をご紹介するコーナーです。
たくさんの皆さんから、貴重な情報をいただいています。


鍋もの1
鍋もの2
鍋もの3
鍋もの4
鍋もの5



鍋もの5


◇鍋料理に関するおもしろいエピソードがあればおしえてください。


・糸こんにゃくが好きで必ず入れるのですが子どもが入れると汁が必ず顔に飛んでしまいます。

・仲の良い友達同士で鍋をすることになり、各自自分が食べたい食材を持ち寄ることになりました。すると、5人全員お肉を持ってきてお肉オンリーの鍋になりました。しかもちょっとづつ味の違う牛肉と豚肉です。おいしかったけど、鍋での野菜の重要な役割を再確認できました。鍋はバランスです。

・学生時代の闇鍋、友人が最後にコロッケをいれたおかげでぐちゃぐちゃになって皆にブーイングされていたこと

・簡単で美味しいので、昨年の冬は週に4日ほど鍋にしていたら(味は変えてましたが)その事を主人が会社で同僚の方に話したらしく、私は、恥ずかしい思いをしました。

・4歳になる子供が、最近、水炊きに煎餅を入れて食べることにハマって困ってます・・・(笑)

・キムチの味がまろやかになるように、落とし玉子を入れますよ。

・子供が小さい頃、卓上コンロでちゃんこ鍋を作りました。グツグツ煮込み出来上がり~!皆で食べ終える頃、主人がなにやら奇妙な物体を土鍋の中から救い上げました・・・ 主人と二人ジーーーッと見てみると、[布巾]ではないですか!!!目を離した隙に子供が入れちゃってたようです・・ それ以降、我が家では卓上コンロでは鍋は作らない!が鉄則になりました。

・姉の息子は5歳にしてもう鍋奉行でお鍋に関してはかなりうるさいです(笑)
「お肉を入れるのはまだ早いんじゃない?」とか「鶏つみれがいいダシ出してくれてるね」とか言うので驚きです!


・うちのだんな様は鍋奉行&灰汁代官の兼務です。

・友達と鍋をしようと思い、友達が鍋を持ってくるというので期待していたら、本当に鍋だけ持ってきて中身はなし。友達も食材を用意していると思っていたらしく二人で大笑いし、食材を買いに行きました。

・独身時代、帰る時間がいつも23時近くと遅く一々料理をするのが面倒だったので一週間ぶっ通しで一人鍋をしていました。月曜日に水炊きから始め、ポン酢で食べ、三日目くらいで飽きてきて牛肉を投入。ゴマだれにして食べ始め、5日目くらいで魚貝が入り、最終日辺りでダシがもうなんだか良く分からなくなってきてキムチをぶち込んでキムチ鍋に。
毎日1時くらいに寝て、5時に起きる生活だったので鍋は胃にも優しく間違っていない食生活だったと自信を持っています。実際温まるし、身体も壊しませんでしたし。


○皆様からいただいた意見をご紹介するページですので、レシピの信憑性については確認しておりません。ご了承ください。
○なお記載のレシピをお試しになられた際に予期せぬトラブルや、事故が発生しましても弊社では責任をおいかねます。
このページの先頭へ