ホーム > シマヤ通信 > おせち料理4

おせち料理4

プレゼントキャンペーンにお寄せいただきました「アンケート結果」をご紹介するコーナーです。
たくさんの皆さんから、貴重な情報をいただいています。


おせち料理1
おせち料理2
おせち料理3
・おせち料理4
おせち料理5


おせち料理4

◇郷土のお正月の過ごし方、我が家のお正月の過ごし方などがあれば教えて下さい。(第一回)


・12月31日の朝からお節を作り、4時からお節を食べ、夜の10時30分にそばを食べます。もちは1月にならないと食べません。

・1日に白味噌、2日におすましのお雑煮を食べます。白味噌にはそのままのお餅を、おすましには焼いたお餅を入れます。

・うちの実家では1月2日には必ず朝風呂に入って「とろろ」を食べます。

・おせち料理は、大晦日に食べます。12月31日の夜にはテーブルに乗り切らないくらいのおせち料理が並びます。お正月は残りのおせち料理を毎日食べます。母の実家も父の実家もそうでしたが、夫は違うと言います。このようなおせち料理の食べ方は北海道だけでしょうか?

・お互いの実家に行きます。南から東へと・・・離れているのでその土地の味覚を味わえて旅行気分。

・みかんをダンボール1箱買い込み、おせち・お雑煮・みかんを3日間繰り返し食べ、お正月気分を満喫します!家族で三キロ増が目標!?・・・笑

・沖縄そばとか中身汁を食べてるかなぁ。おせちは沖縄には習慣がないので。

・家族揃ってTVで、1日は天皇杯サッカー、2日、3日は箱根駅伝を見るのが恒例です。

・我が家のお雑煮で、ちょっと変わってると言われるのは、お雑煮のお餅を、取り皿にとって、きな粉をつけて食べる事です。奈良県大和地方出身の父の郷土の食べ方みたいです。

・我が家は新聞のクイズやジグソーパズルなど、ちょっと頭を使いつつ、疲れたらおせちやお菓子をつまみ・・・とのんびり家で過ごすのが例年のパターンです。

・我が家は母方の親戚が集まって(20人ほど)温泉でお正月を過ごすのが恒例行事になっています。これが母方の祖父からみんなへのお年玉みたいなものです。つまり、温泉は祖父のおごり♪

・我家ではお正月に必ずさばの姿寿司(尾頭付き)を食べます。

・関東に来てわかったことなのですが、九州ではお正月になまこを食べます。

・元旦に必ず初詣にいきます。1月2日は朝風呂にはいります。早々元旦のお雑煮は主人がつくります。これは田舎の過ごし方です。

・元旦はまずお神酒を頂いて→おわんの中に梅干をいれてお湯を注ぎ、それを飲み干してから→お雑煮(白味噌仕立て)→おせち料理→お年玉です。2日目はお雑煮ではなく、水菜とやきもちをいれたお吸い物です。

・鯛の塩焼きを、元旦は見ているだけで、食べるのは二日から。

 


○皆様からいただいた意見をご紹介するページですので、信憑性については確認しておりません。ご了承ください。
○なお記載のことをお試しになられた際に予期せぬトラブルや、事故が発生しましても弊社では責任をおいかねます。
このページの先頭へ