ホーム > シマヤ通信 > お雑煮5

お雑煮5

プレゼントキャンペーンにお寄せいただきました「アンケート結果」をご紹介するコーナーです。
たくさんの皆さんから、貴重な情報をいただいています。


お雑煮1
お雑煮2
お雑煮3
お雑煮4
・お雑煮5
お雑煮6
お雑煮7


お雑煮5

◇お雑煮をつくる時のひと工夫や我が家のお雑煮があれば教えて下さい。(第四回)


・地元「氷見」の寒ぶりを少し焼いてからいれます。

・昆布で巻いたかまぼこと、かつお菜を入れます。

・いくらを食べる直前に、雑煮にのせて餅と一緒に食べるとおいしいですよ。

・何と言っても「ゆず」。あの上品な香りが正月の雰囲気とお雑煮の味を盛り上げてくれます。

・地域性や伝統を無視して、牛肉やごぼうなどの野菜、きのこを沢山入れて、かつおだしと濃い口、薄口しょうゆを混合して味をつけます。隠し味は少量のポン酢です。味が引き締まっておいしいです。

・お茶漬けの素を少し入れたり、だしの素を使って作るとおいしくできます。

・我が家の雑煮は、岩のりを酒としょうゆでといたものをのせるだけの、簡単だけどとてもおいしいものです。

・雑煮の中の具は、おせちの中からエビ、しいたけ、伊達巻きなど入れるようにしています。それに、鶏肉とシマヤのだしで美味しく出来上がります。

・前の晩の年越しそばの具が入っているのが、我が家の雑煮ですね。

・筑前煮の具をそのままお雑煮に使うところですね!!

・ごはんをいれて「お雑煮ぞうすい」にすることがあります。

・大晦日の日に食べる野菜の煮物の残りに、おもちを入れて煮て食べます。

この他にも、焼いたかまぼこ、貝柱、ハマグリ、牡蠣、鶏団子、ゆで卵、卵焼き、ゆりねなどを入れるというご意見もありました。

 


○皆様からいただいた意見をご紹介するページですので、レシピの信憑性については確認しておりません。ご了承ください。
○なお記載のレシピをお試しになられた際に予期せぬトラブルや、事故が発生しましても弊社では責任をおいかねます。
このページの先頭へ