ホーム > 季節の行事と食べ物

七五三


季節の行事と食べ物
「七五三」
七五三イラスト●七五三の由来
七五三の祝いは、平安時代中ごろ公家の間で三歳から七・八歳までの男女のお祝いの儀式 が行われていたのが七五三の起源になるようです。中世になると、武家社会において子供 の成長の節目にあたって行われました。
男女共に三歳になると「髪置き」(かみおき)といって髪を伸ばして結い直す儀式がはじ まりです。男の子は五歳になると「袴着」(はかまぎ)という、男児が初めて袴をつける 儀式を行い、女の子は七歳になると「帯解」(おびとき)という、つけひもをとって初め て本式の帯を締める儀式を行いました。
今日のような七五三詣は江戸時代からで、しかも江戸を中心とした関東地方に多く、関西ではあまり行われていませんでした。今のように全国的に広がりお祝いするようになった のは大正時代からだそうです。


●祝い方
七五三祝いは11月15日に、本来は数え歳で男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳に 神社に詣で、子供の成長を感謝し、将来の幸せを祈るのがならわしですが、現代では11月15日にこだわらず、その前後の休日などを選んでお祝いするようになりました。 また本来は数え歳でお祝いしますが、最近では満年齢で祝う割合が高くなりました。お参りする神社も、基本的はお宮参りをした神社や近所の氏神様ですが、近くになければどこでも良いでしょう。
親子で参拝しておさい銭をあげるだけでも十分ですが、ていねいにするなら祝儀袋に現金を包んだ「御初穂料」をおさめて、神官におはらいをしていただきます。


・神社へお参りする時の作法
【二礼、二拍手、一礼】
神前にすすみ、おさい銭をあげます。次に鈴を静かに鳴らします。次に2回礼をし2回手を打ち、ここで手をあわせて祈願します。そして1回礼をします。

・祝儀袋の書き方

白赤蝶結びののし袋に入れ、表書きは「御初穂料」とし子供の名で渡します。


●七五三のお祝い料理
最近では、外食やホテルで盛大にお祝いするケースも増えていますが、自宅でお祝い膳を作って子供たちに伝統的な行事を体験させるのも良いでしょう。
また、子供が大きくなると可愛いお料理を作る機会も減ってきますので、今だけのお楽しみで子供の喜ぶ可愛らしい料理を作るのもよいでしょう。

七五三イラスト


このページの先頭へ