ホーム > 季節の行事と食べ物

お月見


季節の行事と食べ物
お月見
●お月見の由来
旧暦では、7~9月の三ヶ月間が秋です。7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋といい、中国ではそれぞれの満月の日に祝宴を開いていました。日本でも、陰暦8月15日(十五夜)の月は一年中で一番美しいといわれ、「仲秋の名月」としてめで、供え物をして詩歌を詠んだりする風習が平安時代のころから貴族の間で盛んになりました。新暦では、9月18日前後にあたります。
昔は、仲秋の名月だけでなく、翌月の十三夜を後月といい、両方の月は同じ庭で見るものとするしきたりがあり、二回お月見をしないと、片月見といってよくないこととされていました。
また、月の変化を基準にして多くの農事をしていたため、月への信仰が大変強かったうえ、その時期が芋、その他の収穫期にあたっていたので、十五夜は収穫を月に感謝する日としての意味が大きかったようです。


●お月見にはおだんごをそえて
お月見には、月のよく見える場所に小机のような台やお盆を置いて、その上に秋の七草などの花を飾り、おだんごや柿、梨、ぶどうなど季節の果物を供えます。この日におだんごをお供えするのは、収穫の季節に自然に感謝する気持ちからで、十五夜には十五個、十三夜には十三個供えます。秋の七草は、ハギ、ススキ、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウの七種で、春の七草と違って美しい花をつけるものばかりです。また、十五夜は、別名「芋名月」とも呼ばれ、里芋も欠かせないお供え物です。
翌月の十三日、後月は別名「栗名月」ともいい、栗の収穫時期と重なります。そこで、十三夜のお供え物には、栗やこの時期に収穫の始まる豆を加えます。
都会では庭のない家が多くなって、自然に接する機会が少なくなりました。庭はなくても、窓辺やベランダにすすきとおだんごを供えて、家族で夜空の月をゆっくりとながめてみませんか。


●お月見の献立
仲秋の名月の別名は芋名月。この時期に収穫が始まる里芋を衣かつぎなどにして、おだんごと一緒にお供えします。里芋は、お供えするだけでなく、お月見の献立にも欠かせません。衣かつぎは、柔らかい里芋の小芋を蒸すか茹でるかして、塩や味噌だれをかけていただきます。
また、汁物をお月様にちなんでだんご汁や白玉汁にしてみたり、秋の味覚をふんだんに使った旬の味を満喫できるような献立もお月見にふさわしいのではないでしょうか。





このページの先頭へ