ホーム > 季節の行事と食べ物

お盆


季節の行事と食べ物
お盆
●お盆の由来
お盆は正式には、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。盂蘭盆会の語源は、梵語のウランバナ(逆さ吊り)で、「逆さ吊りにされるような苦しみにあっている人を救う法要」という意味です。お釈迦様は、自分の弟子の亡き母が、餓鬼道に落ちて逆さ吊りにされて苦しんでいるのを知り、7月15日に多くの供物を供えて供養するよう弟子に伝え、弟子がその教え通りに供養したら、母親は極楽往生が遂げられたという故事が、お盆の起こりです。
それ以来、(旧暦)7月15日は、先祖に報恩感謝をささげ、供養をする日になりました。日本では、推古天皇の14年(606)に、初めてお盆の行事が行われたと伝えられています。
 お盆の行事は、東京など都市部では、7月13日~16日に、地方では、8月13日~16日に行うことが多いようです。


●日本のお盆
お盆中お寺では、施餓鬼供養が行われますが、地獄の責め苦を救うという目的より、一般的には、先祖の霊が帰ってくる日として考えられています。また、帰ってくる祖霊にさまざまな農作物を供えるしきたりから、豊作儀礼としての意味もあります。
お盆の行事は、各地域や宗派によっても様々なものがありますが、家庭では、先祖の霊が帰ってくる日ということで、家族や一族が集まって、ご先祖様をお迎えし、供養します。このような機会に皆で故人の思い出話をしたり、子供に直接知らないおじいさん、ひいおじいさんの話を聞かせたりということも意義のあることではないでしょうか。


●お盆の準備をして祖霊を迎える
お盆は、地域や宗派によってさまざまな習慣がありますが、一例を紹介します。
仏壇のある家庭では仏壇の掃除をして、祖霊を迎えるための盆棚を作ります。盆棚に仏壇から位牌を移し、盆の間仏壇の扉を閉めておきます。盆棚には季節の野菜や果物、キキョウ、萩、ホオズキ等のお盆につきものの花、白玉だんごなどを供え、先祖の霊が乗るといわれるきゅうりやなすびで作った馬や牛を並べます。きゅうりに割り箸を刺した馬は、お盆に少しでも早くこちらに着けるようにとの思いを表現したもので、なすびに割り箸をさした牛は、お盆が終わって帰るときはゆっくりと、という思いがこめられているといわれています。
13日の迎え盆には、お墓が近ければ先に家族揃ってお墓参りし、夕方暗くなったら門口で「迎え火」をたいて祖霊を迎えます。これは、祖霊が迎え火を目印に帰ってくるといわれているためです。盆提灯に電気をつけるのも同じように目印であり、また家の中に祖霊が滞在しているしるしであるとされています。
16日の送り盆には、夕方暗くなったら、祖霊があの世に無事につくようにとの願いをこめて、家の門口で「送り火」をたいて祖霊を送ります。


●お盆は精進料理で
祖霊がいらっしゃる間は三度の食事も家族と同じものを供えます。この間、家族も本来は生臭さを避けた精進料理をいただきます。なすやきゅうり、かぼちゃ、さやいんげんなどの夏野菜、豆腐やがんもどきなどの大豆製品、寒天やこんにゃくなどを利用して、旬の味を満喫してはいかがでしょうか。
16日の送り盆には、夕方暗くなったら、祖霊があの世に無事につくようにとの願いをこめて、家の門口で「送り火」をたいて祖霊を送ります。




このページの先頭へ