ホーム > 季節の行事と食べ物

端午の節句


季節の行事と食べ物
端午の節句
●端午の節供の由来
「端午」の「端」は初め、「午」は五の意味で、月の最初の午の日という意味で、もとは五月に限るものではありませんでしたが、中国の漢代以後、五月五日を端午というようになったと言われています。一方では「五月は悪月である」との考えもありました。そのため端午には、病気や災厄を逃れるための行事が多く行われました。わが国の端午の節供の行事の多くは中国伝来のもので、それに日本古来の習俗などが加わり、病気や災厄をはらう目的の行事となりました。

●鯉のぼりを立てて、男の子の成長を祈る
鯉のぼりは吹き流しが変化したものといわれていますが、かつてはのぼりの方が一般的でした。江戸時代には男の子がいる家では、庭先に家紋を染め抜き「鍾馗(しょうき)」の絵を描いたのぼりを立てたといわれています。中国で、疫病を追い払うとされている神が「鍾馗(しょうき)」です。
 また中国には「黄河上流にある、竜門の急流を登りきった鯉は竜になれる」という伝説があります。江戸時代の習慣と、この伝説とが結びつき、男の子の出世を願う縁起をかついで、鯉のぼりを立てるようになりました。


●菖蒲(しょうぶ)に尚武を願う
端午の節句は別名「菖蒲の節句」ともいわれ、魔除けの値物と信じられている菖蒲がこの日の主役となります。菖蒲は「勝負」「尚武」にも通じることから、武家では男子の出世を願う節句として重視されていました。民間の家々でも軒端に菖蒲を飾ったり、菖蒲酒を飲んだり、子供達は菖蒲打ちといって菖蒲を束ねたもので打ち合う遊びをしました。菖蒲は夏の病を防ぐ呪力があるとして、菖蒲の鉢巻をしたり腰にさしたりする子もいました。
 また、この日は菖蒲湯に入ります。強い香りを持つ菖蒲の根茎はカリオピレン、アザロン、セスキテルペンといった精油成分を含んだ薬草です。そのため、これを入浴剤として用いると保温や鎮静効果があり、打ち身や神経痛、ストレス解消、安眠などの薬効が期待できるうえ、菖蒲の香りがお風呂いっぱいに満ちて、心身ともに爽快にしてくれます。

◆菖蒲湯のたて方(1回分)
1.菖蒲の根茎を適当な大きさに切り、二握り分を袋に詰めて煮出します。
2.1の煮汁と袋を浴槽に入れます。この時、生の葉数本を束ねて湯船に浮かべると風情がでます。


●祝いの膳には柏餅やちまきを
端午の節供の祝いの膳には、ちまきと柏餅がつきものです。ちまきは、もち米、うるち粉、クズ粉などを水で練り、茅(ちがや)の葉で包んで、蒸したものです。これは中国の伝説にちなむもので、忠臣屈原が五月五日に自殺したことを弔うために供えたのが始まりといわれています。
 柏餅は、神様に供える餅を柏の葉で包んだことに由来するといわれています。また、柏は落葉しないことから縁起物としても珍重されています。どちらの葉も香りが高く、その匂いが邪気を祓うとされていたようです。
 ほかに、季節柄鰹のたたきなどを料理の一品に加えるのもよいでしょうし、赤飯や鯛のかぶと煮など縁起ものを並べても祝い膳らしいムードになります。西日本では出世魚と呼ばれる、スズキ、ブリなどを使う地域もあります。



このページの先頭へ