ホーム > 季節の行事と食べ物

七夕


季節の行事と食べ物
7月7日 七夕
●七夕の由来
七夕の起こりは、中国から伝わった、牽牛(けんぎゅう)と織女(しょくじょ)の伝説で有名な"星祭り"と、裁縫、習字などの手先の技芸の上達を願った"乞巧奠(きっこうでん)"の風俗、それに日本古来の神様に捧げる衣を織る"棚機女(たなばため)"への信仰が結びついたものだといわれています。
 『牽牛、織女の伝説』は、天の川の東に住んでいた天帝の娘、織女がたった一人で天の衣を織り続けていたので、それを哀れんだ天帝が、天の川の西側に住んでいた牽牛と結婚させます。しかし、二人は共に暮らす幸せに心を奪われ、仕事もしなくなってしまいました。それを怒った天帝により二人は天の川の端と端に引き離されてしまいますが、年に一度、7月7日の夜だけは、川を渡って会うことを許される、という物語です。
 『乞巧奠』とは、織姫が巧みな布の織り手であることから、機織り、裁縫、習字などの技芸の上達を願った行事で、中国で宮中の女性たちにより起こりました。短冊に願い事を書いて、笹竹に下げるのは、この乞巧奠の名残です。
 一方、七夕はお盆の前のけがれを清める行事でもあり、ところによっては、人形に紙の着物を着せて笹竹に下げ、六日の夜に祭り、翌朝、川に流す習慣があります。これは、やがて迎える先祖の霊の禊(みそぎ)や祓(はらい)の意味を持っていたようです。今でも、七夕をお盆の入りと考え、墓や仏壇の掃除をしたり、井戸さらいをする地方もあります。このように七夕はお盆と関係が深く、七夕とお盆は一連の行事であったようです。


●星空を見上げてみましょう
七夕の主役である二つの星は、織女は織女星でこと座の一等星ベガ、牽牛は彦星でわし座の一等星アルタイルのことです。7月はまだ見つけにくいかもしれませんが、8月になると見つけやすくなります。日暮れ直後、東の空にひときわ明るく輝く星の中で、最も高い位置にあるのが織女のベガ、そのずっと右下に左右にふたつの星を従えているのが牽牛のアルタイル。アルタイルのそばの二つの小さな星は、左右に並んでいることから牽牛が2頭の牛を引いているように見えます。もう一つ、白鳥座のデネブとあわせて、三つの星で夏の大三角形。そして、うっすらと天の川も見えるはずです。
 日頃はなかなか夜空をゆっくり見上げることはありませんが、星祭りのこの時期、ぜひ夜空を観察してみましょう。


●七夕のテーブル
七夕にゆかりの献立は、"そうめん"です。織女は、天の衣の巧みな織り手だったので、その糸に見立ててそうめんを食べ、織物の腕が上がるようにと願ったのです。
 そうめんのおいしいこの季節、いつものさっぱり味もよし、ちょっと手を加えていつもと違う味にしてみても新鮮です。みんなでそうめんを囲みながら、夜空を眺めてみるのも素敵ですね。




このページの先頭へ