ホーム > 季節の行事と食べ物

節分


季節の行事と食べ物
節分
●節分
節分とは、本来、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをいい、季節が映り変わるときの意味ですが、特に立春が1年の初めと考えられることから春の節分が最も重視されており、一般には単に「節分」といえば春の節分を指すものとなっています。
これは立春を新年と考えれば大晦日に相当するので、そのため前年の邪気を全て祓ってしまうための追儺(ついな)の行事が行われます。その代表が「豆まき」です。
豆をまいて邪気を払い、無病息災を願う鬼やらいの行事は中国から伝わって来ました。
そのほか、地方によって異なりますが、いわしの頭を柊の枝にさして門口に立てるのも魔除けの行事です。


・豆まき
節分の豆は、大豆をいったもので、鬼打ち豆、福豆、年とり豆といわれます。
節分の日には、炒った豆を年神に供えたあと、その豆を年男(その年の干支の生まれ)が「鬼は外、鬼は外、福は内」と呼ばわりながら蒔きます。大豆は別名「畑の肉」といわれる健康食品の代名詞です。このとき蒔かれた豆を自分の年の数だけ、あるいは年の数+1だけ拾って食べると、その年の厄を払い、一年の無病息災を願う風習があります。
・<上手な大豆の炒り方>
炒り豆のポイントは、『一に火加減、二に根気』
1.最初にフライパンをよく熱し、大豆を入れ弱火にし、たえずゆすりながら根気よく炒る。
2.大豆に焦げめがつくまで弱火で丹念に炒る。


・ゆず湯
ゆず湯は、丸のままでも輪切りでもかまいません。お風呂に入れると香りもよく、体がたいへん温まります。江戸時代には、冬至の日のゆず湯は大賑わいだったといいますが、柑橘類の成分は肌によく、ひび、あかぎれなどにも効果があります。
また、ゆず湯や菖蒲湯のように、節日に水を使って厄除けする風習もありますから、邪気払いや冬の祭りの供物の意味もあったのでしょう。

・いわしで魔除け
「鰯(いわし)の頭も信心」などといわれる鰯の頭を焼いて、ヒイラギの枝に刺し、家の入り口にさす風習があります。これは鰯の頭の悪臭で、邪気が家に入るのを防ぐという意味があります。
また、いわしを焼いて食べる習わしは、そのにおいと煙で鬼ならぬ病気の追放の願を込める風習です。

・巻き寿司(のり巻き)の丸かぶり
この風習は、大阪を中心に関西地方で広く行われています。
最近では、節分の日、スーパーなどに行くと、「節分用太巻き」というのが売ってあります。節分の夜にその年の恵方(易学の幸運を招く方角)を向いて、太い巻き寿司を、無言で丸かぶりで食べると、「幸運を呼びこむ」という風習です。一説には巻ずしを切らずに食べる事から、巻ずしを鬼の金棒にみたてて豆をまくのと同じように鬼退治をする意味もあるようです。


このページの先頭へ